<採用事例 1 MD-100を用いた1槽式真空洗浄システム>
・部品名称: 金属加工部品(各種)
・対象汚れ:油性加工油
・要求洗浄度:残渣/乾燥シミがないこと(顕微鏡)
・使用洗浄剤:MD-100(ノルマルパラフィン系脱脂/第2石油類)
・主要洗浄工程:  真空超音波洗浄 → 真空乾燥
・評価方法:油分残渣分析/顕微鏡による外観検査(〜100倍)

洗浄条件
洗浄条件洗浄剤MD-100
時間、温度、超音波3分×2=6分、80℃、真空超音波(28kHz)
乾燥条件真空乾燥1kPa以下、3分

洗浄工程

外観評価結果

・加工油の残渣や乾燥シミは観察されず、塩素系溶剤と同等レベルの洗浄性を示しました。

<採用事例 2 MD-250を用いた多槽式真空洗浄システム>
・部品名称:  自動車部品(シリンダーブロック、シャフトローター他)
・対象汚れ:   油性加工油
・要求洗浄度:  残渣/乾燥シミがないこと・残留異物量規定値内
・使用洗浄剤:  MD-250(ノルマルパラフィン混合系脱脂/第3石油類)
・主要洗浄工程:  真空超音波洗浄 → 脱気超音波洗浄→ 減圧ベーパー・真空乾燥
・評価方法:  油分残渣分析/顕微鏡による外観検査/残留異物分析

洗浄条件
洗浄条件洗浄剤MD-250
時間、温度、超音波1分×2=2分、60℃、真空超音波(28kHz)
乾燥条件減圧ベーパー12kPa以下、1分30秒
真空乾燥1kPa以下、3分

洗浄工程

残留異物測定結果 (溶剤抽出・濾過法)

・MD-250で洗浄したワークの残留異物量は少なく、品質規格を十分クリアしています。


<採用事例 1>
・部品名称:  ステンレスシャフト
・主要寸法:  各種
・対象汚れ:  水溶性加工油
・要求洗浄度:  残渣/乾燥シミがないこと(顕微鏡100倍)
・使用洗浄剤:  MD-100AW (水置換剤/2石) → MD-100
・主要洗浄工程:  水切揺動洗浄 → 減圧脱気超音波洗浄
・評価方法:  顕微鏡による外観検査/表面分析、残留油分分析

洗浄工程

不良率の改善
☆ MD-100AWは、隙間の水置換性を向上させ、油ジミの発生を抑える処方。
☆ 従来発生していた研磨液の残留や、油ジミの発生が大幅に低減した。

<採用事例 2>
・部品名称:  ドリル、エンドミル部品
・主要寸法:  各種
・対象汚れ:  ワックス、水溶性加工油
・要求洗浄度:  ワックス/水溶性油残渣がないこと(顕微鏡30倍)
・使用洗浄剤:  MD-250AW(水置換剤/3石) エマルション → MD-250AW → MD-250
・主要洗浄工程:   水切揺動洗浄 → 減圧脱気超音波洗浄
・評価方法:   顕微鏡による外観検査/表面分析、残留油分分析

洗浄条件

洗浄後の外観

☆ MD−250AWエマルション洗浄によって油性ワックスや水溶性油の洗浄が可能と なった。
☆ MD−250AWエマルションは、超音波を停止することによって下層に水分が沈降する。
 持ち込まれた水溶性加工油等の水溶性成分は、下層のドレンから排出・除去可能。


プロセス分類

一般物性

コ・ソルベント洗浄システムの特長

☆ フッ素系蒸気乾燥による精密乾燥が可能。
☆ 不燃性による蒸気乾燥であり、安全性が高い。
☆ 比重分離器によるMVシリーズのリサイクルが可能。
☆ テクノケア洗浄システムの蒸気乾燥剤に使用可能。

採用実績
・部品名称:  フリップチップ/BGA基板
・主要寸法:  各種
・対象汚れ:  ロジン系フラックス
・要求洗浄度:  ワックス/水溶性油残渣がないこと(顕微鏡30倍)
・プロセス分類 :   3液プロセス
・主要洗浄工程:  MTC-7超音波洗浄 → MTC-1超音波洗浄→ MV-7蒸気乾燥
・評価方法:  顕微鏡による外観検査/残留イオン分析

システム外略図

洗浄性評価結果(洗浄後BGA)



| トップページ | 会社概要 | 製品案内 | ご採用事例 | 便利ツール | お問い合わせ |

Copyright © Musashi Techno Chemicals Co., Ltd. All rights reserved